商品カテゴリー


ロゴ

メールロゴ

レッドクリフォード

ロゴ








よく使われるカーセキュリティ用語集

その他の疑問、お聞きになりたいことなどはお気軽にお問合わせメールにてご質問してください

アーム
ディスアーム
チュリップ音、チャープ音
ライトフラッシュ
バレーモード
発報
ドアセンサー
ショックセンサー
フィールドセンサー、レーダーセンサー
チルトセンサー、傾斜センサー
イモビライザーシステム
ボンネットスイッチ、フードスイッチ
バックアップサイレン
ページャー機能(双方向通信機能)
電話自動通報システム


このページのTOPへ
Copyright(C)2003-2009 Pulse System Control All rights reserved.
アーム
 
カーセキュリティーを警戒状態にすることを意味します。

 
ディスアーム
 
カーセキュリティーを解除することを意味します。

 
チュリップ音、チャープ音
 
カーセキュリティーを操作したときに鳴る確認音です。
装着するカーセキュリティーシステムにより内容は異なりますが、回数や長さで操作及び動作内容を
確認することが出来ます。

 
ライトフラッシュ
 
カーセキュリティーを操作したときに、ハザードやスモールランプを数回点滅させる事をいいます。
カーセキュリティーが発報時にも、サイレンと連動して点滅を繰り返します。

 
バレーモード
 
カーセキュリティーシステムを一時的に停止させるモードです。 
人に車を預ける場合(バッテリー交換や車検点検修理などの時)に使用します。
カーセキュリティーシステムにより色々な方法がありますが、
当店ではお客様には暗号式の物をお勧めしています
このモードでもキーレスなどの通常の機能はそのまま使用できます。

 
発報
 
センサーが異常を感知しカーセキュリティーシステムが作動しサイレンを連続的に鳴らす事をさします。
サイレンの鳴動時間は一部システムをのぞき時間設定が可能です。

 
ドアセンサー
 
カーセキュリティーが警戒時、ドアを開けられたときに異常を検知するセンサーです。
殆どのカーセキュリティーシステムはこの機能は標準で持っています

 
ショックセンサー
 
車に対する振動、衝撃を検知するセンサーです。
デュアル式は軽い衝撃で短い警告音、強い衝撃で発報します。状況に合わせて感度調整もできます。
最近のショックセンサーは誤動作の少ないデジタル式が主流になっています。
 
    ▲ページTOP
フィールドセンサー、レーダーセンサー
 
電波により、車の内外を監視するセンサーです。(デュアル式)
車外に不審人物が近づくと警告し、車内での動きに対しては発報します。

 
チルトセンサー、傾斜センサー
 
カーセキュリティー警戒時、車輌の傾斜を検出するセンサー
停車時の傾斜角度を記憶し設定以上の傾きを検知すると発報します。
アルミホイールやタイヤの盗難などのジャッキアップに対する盗難防止に使用します。

 
イモビライザーシステム
 
カーセキュリティ作動中に正規のキーでないとエンジンがかけられなくするシステムです。
しかし純正のイモビライザー付の車輌でも現在は盗難報告が確認されています
カーセキュリティーではアフターイモビライザーを追加して防御性能をアップさせています。
メーカーなどの違いにより、オンボードイモビライザー式、後付スターターキル方式などがあります。

 
ボンネットスイッチ、フードスイッチ
 
ボンネットの開閉を検出するするスイッチです。
カーセキュリティー警戒時に、エンジンルーム内を守る為のスイッチです。
当店でのカーセキュリティーお取付け時は基本取付価格に含まれています。

 
バックアップサイレン
 
通常のサイレンとは別に追加して取付けるバッテリー内臓タイプのサイレンです。
外部から電源の供給を絶たれても、数分間発報し続けます。

 
ページャー機能(双方向通信機能)
 
リモコンに液晶表示機能を持つタイプのカーセキュリティーシステム
車から離れていても数百mの範囲であれば異常通知がリモコンで確認できる機能。

 
電話自動通報システム
 
携帯電話やPHS電話の端末をカーセキュリティーシステムと連動させ、
車輌が異常を感知すると、登録した電話に通報するシステムのこと
携帯電話からカーセキュリティーの操作も行える物もあります